学校地獄

岡田寛士(著)

 

サイズ:405KB

刊行:2017年7月20日

 

¥400(税込)

 

内容

 

新設・北陵高校は、なんとしてでも県下に轟く名門進学校になるべく、あらゆる施策を講じていた。
時代は偏差値・学力偏重型教育に批判的であり、北陵高校は個別指導の優良学校としての世間体を取り繕いつつ入学者を集めたのだが、その内実は……。

この小説は、実在する某高校が地獄と化した有様を描いたものである。今や、高校、中学校、小学校の区別なく不祥事が頻発し、生徒も保護者も職員も、学校に根強く内在する問題の渦に巻き込まれる危険にさらされている。(本文より)