人を待つ神

神川栄三郎(著)

 

サイズ:1904KB

刊行:2018年10月22日

 

¥700(税別)

 

内容

 

信仰について疑問や質問を持っている方もおられるかも知れません。救いとは何か、なぜ私は救われなければならないのか、救われるためにはどうすればよいのか、などという質問を持っている方もおられるのではないでしょうか。

 そういう問題を持った方の助けになればと思い、このメッセージを書きました。このメッセージが、あなたの信仰の一助になれば幸いです。

 

 本書が、最近教会に行き始められた方、あるいは、一度教会へ行ってみたいと考えておられる方、また、聖書を読んでみたいと思っておられる方など、キリスト教に関心がある方々の信仰の助けに用いられるようにと祈っています。

 

【目次】

一 人を待つ神

二 信仰による救い

三 生けるパン

四 キリストのへりくだりによる救い

五 道

六 人の身代わりになって

七 神と人との仲介者

八 神の愛

九 救いの門

十 よみがえりといのち

十一 平和の王

十二 世の光

十三 人の罪を取り除く

十四 キリストの十字架の意味

十五 一人も減びないように